アルバイト 面接

40代でアルバイトに受からない人にありがちなNGポイント5選。身だしなみが超重要です。

投稿日:2020年10月23日 更新日:

 

「40代でバイト探してるけど、年齢のせいかなかなか受からないな・・・どうしたらいいんだろう」

 

この記事ではこういったお悩みについてお答えしていきます。

 

引きこもりからの社会復帰や次の仕事を見つけるまでの生活のために、40代でアルバイトを探している人も多いと思います。

 

しかし若い頃ならカンタンに通っていた面接も、そこから数十年経っていると通りにくくなっているかもしれません。

 

そこで、40代の男性でもアルバイトに受からない人にありがちな5つのポイントについて調べてみました。

 

履歴書、見た目、受け答えが問題なければ40代でも受かりやすい

 

 

まず結論から言うと、40代でアルバイトに受からない人にありがちな特徴は以下になります。

 

  • 履歴書が汚れていて空欄も多い
  • 声が小さい
  • 服装がだらしない
  • 髪がボサボサ
  • 求人サイトを使わずフリーペーパーのみで応募

 

気づかれた人も多いと思いますが、1番下の「フリーペーパーのみで応募」以外は、履歴書や見た目のお話になります。

 

基本的にアルバイトの面接は正社員の採用とくらべてそこまできびしいものではないので、履歴書の印象や面接するときの身だしなみがいいだけで、通る確率がかなり上がります。

 

もちろん勤務可能な曜日・日数が少なかったり、企業が求めている採用条件(たとえばイラストレーター実務経験3年など)を満たしてない、面接する人の相性がイマイチなどの理由でアルバイトの採用が見送られることもあります。

しかし2〜3社面接してNGならこういった理由で見送られているだけかもしれませんが、採用条件のきびしくない応募先を20〜30社くらい面接しても通らない場合は、根本的な部分で改善すべきところがある可能性が高いです。

 

「なんだそんな当たり前のことかよ。その特徴に俺は当てはまってないよ」...と思っている人も、なかなかバイトに受からないなら1度改めて自分自身を見直してみましょう。

 

1.履歴書が汚れていて空欄も多い

 

 

バイトに応募したら履歴書を提出するとき、そこに不備があるだけで相手の印象は悪くなってしまいます。

 

履歴書はいわば自分をPRするための分身のようなもの。どんなに意欲があっても履歴書での印象がイマイチであれば、その後の面接や選考でもマイナスの影響がでてしまいます。

 

特にありがちなのは以下のポイントです。

 

  • 誤字脱字が多くて字が汚い
  • 写真が貼ってない
  • 修正液の跡が目立ちすぎる
  • シミや汚れがある
  • 空欄が多い...など

 

履歴書の経歴など以前に、こういった部分を改善するだけでもかなり印象がよくなるはずです。

 

  • 誤字脱字、字が汚い→丁寧に書いたりパソコンで入力する
  • 写真が貼ってない→ちゃんと貼る
  • 修正液の跡が目立ちすぎる→修正しても多くて1〜2ヶ所くらいにする
  • シミや汚れがある→飲み物をこぼしたり汚れる場所に置かない
  • 空欄が多い→志望動機や連絡先、通勤方法などの欄もちゃんと書く

 

このように改善はできます。ここからがようやく履歴書の中身を見てもらえるスタートラインだと考えてください。

 

履歴書は手書きよりパソコンで入力したほうが楽

 

修正液についてはあまりにも目立ちすぎは良くないですが、記入ミスしたところを1〜2ヶ所くらい軽く修正する程度ならべつに問題ないと思います。

 

1から書き直す手間も省けるし、たぶん相手も気に留めないはずです。

 

もちろん相手先の印象が悪くなるリスクもあるので修正は自己責任にはなりますが、少なくとも私は正社員やバイトの書類選考に修正液を使った履歴書でも通過したことがあります。

 

また、手書きだと面倒だし誤字脱字も起きやすいので、できればパソコン入力で作ったほうがいいでしょう。

 

「履歴書 テンプレート」等で検索すればワード・エクセル対応のものがすぐに見つかるのでそれをダウンロードすれば作成も楽です。

 

「全部パソコン作成って印象悪くならない?」と思う人もいるかも知れませんが、いまはパソコンで作った履歴書を送っている応募者も増えているので企業もそこまで気にしません。

 

もしそれでも不安なら、本人確認も含めて名前や志望動機だけは手書きにする...と決めておくのもいいでしょう

 

 

2.声が小さい

 

面接で最初の挨拶や会話の中での声が小さい人も、意欲がない・元気がないと見なされてマイナスの印象を与えてしまいます。

 

特に接客業など人と関わることが多い仕事の場合、ある程度ハキハキと話せるというのはかなり重要な要素です。

 

いままでの生活の中で、「何言ってるか聞き取れない」「もうすこし大きな声で話してほしい」「え?ごめんもう1回言って」...みたいなことを何度も言われてきたことがある人は特に気をつけましょう。

 

自分が当てはまってるかも...と思う人へのアドバイスとしては、普段話している大きさの1.3倍くらいの声で話すと相手にもハキハキ話している印象を与えられると思います。

 

キリン
1度スマホで動画を撮ってみるのもいいかもね。恥ずかしいかもしれないけど、第三者的に自分がどう見られてるか分かるから改善点も見つかりやすいよ!

 

3.服装がだらしない

 

だらしない服装というのも面接での印象はよくありません。

 

もちろん正社員の採用ほどきびしくはないので私服でバイトの面接を受ける人も多いと思いますが、たとえば以下のような格好はマイナスの影響は大きいでしょう。

 

  • ラフ過ぎる格好(Tシャツ1枚・ジーパン・ボロボロのスニーカー)
  • 服に多数のシミがある
  • シワでヨレヨレ
  • 派手な柄物のシャツ
  • サイズがダボダボすぎる...など

 

これが20代の社会経験も浅いうちなら大目に見てもらえるかもしれませんが、40代でこういった服装をしていると相手にだらしない印象を持たれても仕方ありません。

 

プライベートではいくらでも自分の好きな服を着てもいいですが、面接の時は服装の指定がなくてもできるだけ清潔感のある格好で行くとそれだけでも印象はよくなります。

 

清潔感がある=悪印象をあたえない格好

 

では、40代の男性がバイトの面接で着ても大丈夫な清潔感のある格好というのはどういうものでしょうか。考えつくものをざっと書き出してみました。

 

  • トップス:白シャツにジャケット、暑い時期はポロシャツ
  • ボトムス:黒やホワイトのチノパン
  • 靴:革靴やスタンスミスなどのシンプルなスニーカー

 

服装の趣味は人それぞれですが、どの面接でもこういった格好なら相手にそんなに悪い印象は与えないはずです。

 

ジャケットやポロシャツはネイビーなどの濃い色を選ぶと落ち着いた雰囲気が出るのでおすすめです。

 

相手に不快な印象を与えない清潔感のあるコーディネートについては、スタイリストの『大山 旬』さんが書籍などで詳しく紹介しているのでそちらも参考にしてください。

 

キリン
『おしゃれが苦手でもセンスよく見せる 最強の「服選び」』って本がめっちゃおすすめだよー!

 

4.髪がボサボサ

 

 

上の服装と同じく「見た目」の話になりますが、髪の毛が長かったり、ボサボサで整ってなかったりする人も印象はよくありません。

 

たとえば耳や眉毛にかかるほど髪が長い人は、事前に短髪にカットしてから面接に望みましょう。

 

  • 眉毛や耳にかからないくらい短くカット
  • フケが出ないように事前にしっかりシャンプー
  • おでこを出すと信頼感がよりアップ(ネオ七三分けなど多少でも横に流すと好印象)

 

「いや、おれは長い髪のほうが似合ってる」...とこだわる人もいるかもしれませんが、一般的には仕事をするときは長髪よりも短髪の男性の方が清潔感があって好かれます。

 

いまはQBハウスなどの格安・短時間カットのお店も増えていますし、「こういう髪型にしてほしい」と要望をしっかりつたえれば、希望通りの髪型にしてくれます。

 

また眉毛も髪と同じくぼさぼさで手入れしていないとだらしない印象になるので、ある程度整えておくと良いでしょう。

 

キリン
髪の色はやっぱり黒がベストだね!

 

求人サイトを使わずフリーペーパーのみで応募

 

アルバイトに応募するときにスーパーなどで置いてある無料の「求人情報誌(フリーペーパー)」をチェックして応募する人は多いと思います。

 

たしかに悪くない方法ですが、求人雑誌はどうしても載っている応募先が限られるので、できればネットの求人サイトから応募するのがおすすめです。

 

アルバイト求人サイト一覧

  • タウンワーク
  • イーアイデム
  • フロムエー・ナビ
  • indeed
  • エンバイト
  • マッハバイト
  • LINEバイト
  • アルバイトEX
  • マイナビバイト...など

 

求人雑誌は紙面に限りがありますが、ネットではそういう制限は特にないので求人の分母では圧倒的に求人サイトの方が上です。

 

求人雑誌には載っていない案件もサイトだったら載っている...ということも普通にあります。

 

もちろん闇雲に申し込むのは考えものですが、求人数が多ければ単純に面接にチャレンジできる回数も増えていくので、その分採用される確率はアップしていきます。

 

キリン
仮に採用見送りでも自分のどこが悪かったのか仮説を立ててすぐ次にチャレンジできるから、やっぱ求人数が多いほうがメリットは大きいよね

 

おすすめの求人サイトは『マッハバイト』

 

 

アルバイトの求人サイトにはいろいろありますが、なかでも特におすすめなのは『マッハバイト』です。

 

【公式サイト】マッハバイト

 

おすすめポイント

  • アルバイトに採用されると最大1万円のお祝い金が最短翌日にもらえる
  • 東証一部上場企業が運営しているので安心
  • 単発〜長期まで幅広い求人数

 

マッハバイトは大手求人サイトの『ジョブセンス』が2017年に名前を変えたWEBサイト。運営会社は東証一部上場企業の「リブセンス」です。

 

2006年にスタートしたジョブセンス時代から数えるとすでに15年ほどサイトが続いているので、いかに利用者や掲載する企業から信頼されているかがわかりますね。

 

大手の安心感はそのままに、「お祝い金」というジョブセンスがはじめたボーナスサービスももちろん継続しています。

 

 

最大1万円のお祝い金が最短で翌日にもらえる

 

マッハバイトは採用がきまればマッハボーナスという最低でも5000円、最大でなんと1万円のお祝い金も一緒にもらえるというお得なシステムになっています

 

ほかの求人サイトだと採用は決まってもお金はもらえませんから、できるならちょっとでもお得に仕事を決めたいですよね。

 

しかもお祝い金はアルバイトに採用されたあと、最短で翌日に振り込みされます!

 

抽選で○名様限定...とかではなく、採用が決まった人全員が受け取れるボーナスです。

 

大手のサイトなので求人も中心に豊富。特に複数のサイトに掲載されてる求人ならお祝い金がもらえるマッハバイトからの応募がおすすめです!

 

\TRY NOW!/

※マッハバイト公式サイトにリンクします

 

-アルバイト, 面接

© 2021 はたらきWiFi Powered by AFFINGER5