アルバイト 就活 履歴書 面接

履歴書に修正テープや修正液は使ってOK!面接に受かった経験者が解説!

投稿日:2019年8月10日 更新日:

 

「やべ、履歴書書き間違えたから修正テープ使いたいなー。...でもやっぱり面接落ちるのかな?」

 

この記事ではこういった疑問についてお答えしていきます。

 

バイトや就職活動の面接ではたいてい履歴書を持っていかなければなりません。

 

でも、ボールペンで書いてるときにうっかりミスしたらどうしましょう?それが書き終わる直前だったら絶望的ですよね。

 

紙ももったいないし捨てずに修正液や修正テープを使いたいところですが、記入ミスを修正した履歴書を提出するのはNGマナーと言われているのでちょっと気が引ける人も多いはず。

 

そこで就活やバイトで履歴書を多く書いてきた私が、「本当に履歴書に修正液や修正テープを使っても面接に落ちてしまうのか」解説していきます。

 

私は就活カウンセラーなどの専門職ではございません。あくまで一個人の見解になりますのでそこはご勘弁を。

 

履歴書に修正テープを使っても「受かった / 落ちた」はそんなに関係ない

 

 

まず最初に結論から言うと、記入ミスした履歴書に修正液や修正テープを使っても基本的にはそこまで面接には影響を与えません。

 

やや極端な言い方をすると「修正したとしても受かるときは受かるし、落ちるときは落ちる」ということです(もちろん修正し過ぎの限度はありますが)。

 

これはアルバイトであっても正社員を目指す就活であっても同じです。

 

後でも書きますが、私の体感としては世間一般の就活生や求職者が思っているほど企業は修正テープを使った履歴書をきびしく見てないように思います。

 

  • アルバイトの応募:修正した履歴書でもそこまで影響はない
  • 正社員の応募:修正した履歴書でもそこまで影響はない

 

とはいえ大学の就活セミナーで講師の人から「履歴書をミスしたらちゃんと書き直そう!それがマナーです」....と教えられた人も多いと思います(私もそうでした)。

 

まあたしかに修正してないに越したことはありませんから、「修正テープを使った履歴書を提出して本当にいいのかな」...と気が引けてしまうのもわかります。

 

私は修正した履歴書で何度も面接に受かった

 

しかし私は就活やアルバイトを問わず、修正液や修正テープを使った履歴書で何度も書類選考や面接に受かった経験があります。

 

私は履歴書を記入するときはめんどくさくて下書きをしないので、細かい誤字脱字がちょこちょこあるんですよね。

でも下書き→本番というスタイルにすると単純に書く時間が2倍に増えてしまいますし、間違っても修正すればいいので気にしてません。

 

もちろん書類選考に通らなかったことや面接に落ちたこともありました。

 

ただそれは修正テープを使ったから...というよりも、私の履歴書や面接での内容がその会社の求めている人材に合わなかっただけだと思います。

 

ためしに同じ箇所を修正した履歴書を別の会社に提出したらそこは書類選考に通りました。

 

キリン
つまり就活で履歴書は修正していることはそこまでNGじゃなくて、むしろ会社との相性や自分の経歴の方がよっぽど重要なんだよね

 

修正しすぎた履歴書はさすがにNG

 

履歴書を修正しても問題ないとは書きましたが、さすがに物事には限度があります。

 

記入ミスが多くて修正液を使いすぎて履歴書がギトギトになったら、そこは新しく書き直しましょう。

 

1〜2箇所ぐらいなら採用担当者(面接官)に気づかれなかったり、あるいはそこまで気にしないかもしれません。

 

しかし修正すればするほどどうしても修正跡は目立ちますから、「あれ?この履歴書めちゃめちゃ修正してる...」って相手に思われたらそれだけでもうかなりマイナスですよね。

 

  • ちょっとだけ修正した履歴書:面接官は気づきにくい(もしくは気にしない)
  • かなり修正した履歴書:面接官は気づく(=イメージが悪くなる)

 

たとえば修正した箇所が5箇所とか6箇所を超えたら、その履歴書はもったいないですけどボツにしたほうがいいんじゃないかなと思います。

 

キリン
記入ミスじゃないけど、ドリンクこぼしてシミができた履歴書も使わないのが無難だよね...

 

パッと見て修正したところが目立たないことが大事

 

修正液を使っても通る履歴書のポイントはこんな感じです。

 

  • 修正が多くても2〜3箇所ぐらい
  • 修正した跡が汚れておらず、綺麗なこと
  • 「誤字」「脱字」の小規模なミスのみで長文を修正してないこと

 

つまりまとめると、「修正箇所がパッと見て目立たない履歴書」であればそのまま提出してもいいでしょう

 

何度も言うように私も修正した履歴書でも落とされたことはあります。

 

ただしこれもくり返すように「修正液を使った、使ってない」ではなく、単純に学歴や志望動機が相手に響かなかったからでしょう。

 

逆に考えると、志望動機や学歴が企業の希望する人材に沿うものであれば、ちょっと履歴書が修正されてても相手は気にならないということ。

 

そもそも論ですが「修正テープを使った履歴書はダメ!」とアドバイスしている人のほとんどは、実際にそういった履歴書で応募した経験はないんだと思います。

 

あるいは採用担当として「修正した履歴書は徹底的にNG!」にしている人もいるかも知れませんが、それはあくまでその人やその企業の価値観。

 

「本当はどうなのか?修正液を使うと絶対に落ちてしまうのか?」と自分で試してみることも大切です。

 

ちなみに私は現在ではできるだけ履歴書に修正液をつかう機会を少なくするため、名前、志望動機、日付の部分だけ手書きで、それ以外の項目(学歴、職歴など)はすべてパソコンで作成しています。

 

もちろん書類選考で落ちるときもありますが普通に通ることも多いですし「全部手書きじゃないとダメだな・・・」と感じたことはありません。

 

 

修正テープや修正液を使ってもそこまで真剣に見られてない

 

f:id:oshaberiitboy:20180308173111j:plain

 

それでも、「書き直すのもめんどくさいけど、修正テープを使った履歴書を面接に持っていくのはちょっとなあ」...という人もいるかもしれません。

 

ただ、これはあくまで私の推測ですが、採用担当者はそこまで履歴書の修正した部分をチェックしていないのではないかと思います。

 

もちろん色々な担当者のケースがありますし、すべてにあてはまるわけではないことは承知の上です。

 

企業の採用担当者が応募者から送られてきた履歴書でチェックするの大きく分けて3つ。

 

  1. 学歴
  2. 職務経歴
  3. 志望動機

 

上でも触れましたが、この3つの内容で採用担当者が興味を持っているなら、修正液や修正テープをちょっと使っていても気にならないでしょう。

 

1人の履歴書をチェックする時間にも限りがある

 

そもそも採用担当者も履歴書をチェックするだけが仕事ではありません。

 

人事部なら会社の説明会やその年度の採用予定人数を決める会議がありますし、他の部署の人が一時的に採用や面接を担当しているケースもよくあります。

 

応募した履歴書のざっくりした内容はチェックできても、修正した箇所までこまかく見る時間はおそらく多くないでしょう。

 

就活シーズンの人気企業のように、何万枚もの履歴書を担当者が急いで絞らなきゃいけないこともあります。手早くチェックしないと採用スケジュールに間に合わないので、そもそも修正されてることすら気づかないかもしれません。

 

履歴書は企業に自分をアピールするためのとても重要な書類です。でも、そこまで細かく見られてないと考えれば、ちょっとは心がラクになりませんか?

 

「されど履歴書、たかが履歴書」の気持ちで行きましょう。

 

心配なら本命企業の履歴書だけ修正テープを使わずちゃんと書く

 

男性
そうはいっても、修正テープ使ったら落とされるか不安だな...

 

そういった人は自分の就活の「本命」の企業だけ履歴書をミスなく書くことをおすすめします。

 

ミスなしの履歴書で受かったらラッキー。もし落とされても「修正した履歴書を送ってなければ、受かったかもしれない...。」という後悔もありません。

 

もし本命企業の履歴書を記入ミスしたら、それを修正して「(かなり失礼な言い方ですが)滑り止め企業」に使えば、紙を捨てることもないので無駄にならないです。

 

  • 本命の企業:ミスなく書いた履歴書を使う
  • 滑り止め企業:本命企業に使う予定だった(ミスした)履歴書を使う

 

もちろん滑り止め企業でも、ミスのない履歴書を使えるのがベストなのはもちろんその通りです。

 

しかし就活生は多いときには100社以上で書類審査を求められます。他にも面接やSPI対策もしなきゃいけないのでとにかく忙しいです。

そんなときでもミスした履歴書を修正して使えばかなり時間の節約になるでしょう。

 

キリン
履歴書って何百文字も書かなきゃいけないから1枚完成させるのに手間がかかるんだよねー。時間が節約できるならしたほうがいいよね

 

手書きではなくパソコンで履歴書を書けば修正液の必要もない

 

履歴書でちょっとぐらい修正液を使っても選考にはほぼ影響しませんが、それでも使用しないほうがいいに決まっています。

 

つまり「記入ミスで修正の必要がない履歴書」、手書きよりもパソコンで作成するのが記入ミスも少なくなります。

 

「パソコンより手書きのほうがいいんじゃない?」と思う人もいるかも知れませんが、最近ではパソコンで履歴書を作る人も増えてきてます。

 

私自身も大部分をパソコンで作成&提出したことはありますが、とくに選考に不利を感じたことはありません。落とされることもありますが、面接まで進むことも多いです。

パソコンなら入力ミスしてもすぐに書き直しできるのも手軽でいいですね。

 

また、1度テンプレートをパソコンで入力しておけば、手間をかけずに何枚でも履歴書が作れるのでいちいち手書きにするよりも大幅に時間を削減できます。

 

パソコンで履歴書を作るなら『doda』がおすすめ

 

 

「パソコン用の履歴書のテンプレートっていろいろあるけど、どれが1番いいのかな?」...という人は転職サイトの『doda』のものを使うことをおすすめします。

 

公式サイト:転職ならdoda

 

dodaは登録会員が560万人以上もいる日本最大級の転職サイト。

 

CMなどで名前を聞いたことがある人も多いと思います。こういった日本の転職求人サイトの中でもトップクラスの「知名度の高さ」と「求人の多さ」が人気です。

 

dodaはココがおすすめ

  • 50000件を超える安定した公開求人数
  • 今後のキャリアについての面談
  • 履歴書のテンプレートを4種類のカテゴリーからダウンロードできる
  • 採用に向けた書類の書き方、面接方法など具体的なアドバイス
  • 気になるリストを登録するとマッチングしたときに通知が届く
  • 企業からも気になった会員にスカウトメールを送ってくれる
  • 企業との面接日程や採用スケジュールの調整...など

 

私も登録していますが、企業からのスカウトサービスを含めてユーザーはすべて無料でサイトを使えるのでかなりお得です。

 

自分で求人をさがしていくというのも大切ですが、dodaにも一緒に登録して面接や履歴書をつくるときの第三者からのアドバイスを受けながらの就活だと、より希望する仕事が見つかる可能性が高まっていきます。

 

\TRY NOW!/

※dodaの公式サイトにリンクします

 

dodaは自分がアピールしたい項目に合わせて4種類の履歴書テンプレがえらべる

 

dodaは履歴書や職務経歴書をWord、Exel、PDF形式でダウンロードできるので、気になる企業にすぐ応募したいときに役立ちます。

 

引用元:https://doda.jp/guide/rireki/template/

 

もちろんすべてパソコンで作成せずに、名前だけ手書きで書く...というのもOK。

 

履歴書のテンプレートは「JIS規格」「経歴を強調できる」「志望動機を強調できる」「スキル・強みを強調できる」など、用途にあわせて4種類に分かれております。

 

自分のアピールしたいものをより強調できるものを選ぶといいですね。

 

求人職種も特定の業界にかたよってることもなく、上場企業、ベンチャー、IT企業、中小企業などをバランス良く取り扱ってます。

 

どの世代でもまんべんなく使いやすいサイトになっているので、「転職しようか迷ってる」...という人は3分ぐらいで終わるので、とりあえず登録だけでもしておくことをおすすめします。

 

\TRY NOW!/

※dodaの公式サイトにリンクします

 

-アルバイト, 就活, 履歴書, 面接

© 2021 はたらきWiFi Powered by AFFINGER5