WiFi

TSUTAYAのポケットWiFiのレンタルってどうなの?1週間借りるなら便利なサービスですが...

投稿日:2019年8月14日 更新日:

 

「TSUTAYAでポケットWiFiがレンタルできるって聞いたけど、料金とかいくらぐらいかかるんだろう....」

 

この記事ではこういった疑問にお答えしていきます。

 

TSUTAYAと言えばCD・DVDのレンタルショップとして有名ですが、実は店舗によってはポケットWiFiを借りることができます。

 

私も何度かレンタルした経験がありますが、結論から言うと、特定の人にはかなり便利だけど基本はそんなにおすすめできません。

 

TSUTAYAのポケットWiFiは店舗でのみレンタルできる

 

 

TSUTAYAのWiFiレンタルサービスの詳しい内容は以下のとおりです。

 

レンタル期間 7泊8日(固定)
レンタル料金 2,200円(SoftBank 501HW)
2,640円(SoftBank 601HW)
延滞料金 550円 / 1日ごと
即日レンタル ◯(店内の在庫による)
受け取り 店頭受け取り
返却 店頭返却
配送料 なし
レンタル端末 SoftBank 501HW
SoftBank 601HW
※店舗によっては片方のみの場合あり
通信速度 最大187.5Mbps(501HW)
最大350Mbps(601HW)
データ容量 3GB / 1日

 

7泊8日で2,200円〜2,640円というのは他のWiFiレンタルサービスの同じ日数のプランと比べても1,000円ほど割安。

 

ポケットWiFiのレンタルサービスといえばネットで手続きして、自宅へ配送してもらったり空港カウンターで受け取るのが主流です。

 

しかしTSUTAYAでは店頭での申し込み・受け取り・返却しかできません。

 

TSUTAYAの公式サイトからの申し込みもできないし、あらかじめのレンタルの予約も不可。

 

「◯日から使い始めるからそれまで取り置きしといてください」...なんてこともできないので気をつけましょう。

 

あとからも説明しますが、おそらくTSUTAYAとしてもそんなに力を入れていないサービスだと思われます。

公式サイトでもレンタルWiFiのサービスをしていることを大々的にPRしていません。

 

レンタルするためにわざわざお店まで行くのはかなり面倒ですよね。

 

ただ逆に言うと宅配サービスは使わないので送料が0円で利用できるのはメリットです。

 

キリン
TSUTAYAが家の近くにある人ならお得に利用できるかもね!

 

レンタルできるWiFi端末、期間のプランは2種類のみ

 

 

TSUTAYAでレンタルできる端末は基本的にSoftBank 501HW、601HWの2種類。

 

店舗によって、

  • どちらの端末も置いてる
  • 501HWのみ置いてる
  • 601HWのみ置いてる

...というパターンがあるようです(統一してほしいですよね)。

 

「いやいやバリエーション少なっ!」...と思うかも知れませんが、SoftBankのネットワークは日本のかなりの範囲をカバーしているのでネットが使える環境であればサクサク利用できるかと思います。

 

私も実家はネット回線を引いてないかなりの田舎で電波が届くか心配でしたが、帰省のときに501HWをレンタルしたらちゃんとつながりました。

 

またレンタル期間は7泊8日プランのみとかなりシンプル。これを過ぎてしまうと1日ごとに550円の延滞料金がかかってくるので注意しましょう。

 

もしレンタルから2日とか5日で返却したとしても、料金は2,640円のまま。日数分の差額が戻ってくるわけではありません。

 

こちらも元々1週間だけ借りる予定の人は問題ないですが、そうでない人にとってはあまり融通は効かないですよね・・・。

 

7泊8日のプランで2,640円はかなり割安

 

 

ただし他のWiFi端末のレンタルサービスとくらべるとTSUTAYAはプランが選べない代わりに料金はかなり割安。

 

以下は同じ501HWを7泊8日プランでレンタルしたときの比較表になります。括弧の「無制限」とは無制限プランのことです。

 

  • TSUTAYA:2,640円
  • WiFiレンタルどっとこむ(無制限):3,960円+送料
  • e-ca(無制限):3,960円+送料
  • WiFi東京レンタルショップ(501HW):3,520円+送料
  • WiFiレンタル屋さん(601HW 20GB):3,120円+送料

 

こうしてみると、(無制限プランの差はあれど)似たような端末でもおよそ500円〜1,000円ほどの開きがあるのが分かりますね。

 

なんだったら、TSUTAYAのプランは3日ほど延長して追加料金も上乗せされて、やっと送料込みの他のサービスと同等の価格になります。

 

もちろん機種の性能によって価格が代わるのは仕方ありませんが、「そこそこの性能でいいからとにかく安く使いたい!」...という人にとっては有益です。

 

キリン
ただ1ヶ月とかの長期スパンになると、送料込みでも他のサービスで借りる方が2,000円くらいお得になるよ!

 

TSUTAYAのポケットWiFiレンタルの手続き方法

 

WiFi端末をTSUTAYAで借りるときの手順はCDやDVDのレンタルとほぼ同じです。具体的には以下の通り。

 

  1. WiFiレンタルのパッケージを持ってレジに行く
  2. レンタルの規約の説明を聞いて書面にサインをする
  3. 料金の支払いと端末セット(端末、充電器、説明書など)の受け取り

 

これで完了です。パッケージはDVDケースのようなデザインなので、もし置いてる場所がわからなければ店員さんに聞いてみてください。

 

支払い方法は現金、Tカードのポイント、クレジットカードの3種類から選べます。

 

現金払いができるWiFiレンタルサービスはかなり珍しいので、クレジットカードを使いたくない人は重宝できますね。

 

他のWiFiレンタルサービスでは、現金払いや店頭受け取りのときに1万円ほどの一時保証金が必要なことがあります。ただTSUTAYAではこれらの費用は発生しません。

 

返却のときもレジに行ってセットが揃っているか店員さんが確認できたら完了です。

 

キリン
ただCDとかと違って郵送には対応してないから、必ず店舗での手続きが必要になるよ!

 

WiFiレンタルサービスは扱っているお店が少ない

 

TSUTAYA上本町店は数少ない取り扱い店舗の1つ

 

男性
TSUTAYAって全国チェーンだから、どこのお店でもWiFiレンタルできるんだよね?

 

私もそう思っていましたが、実はWiFiレンタルができるTSUTAYAの店舗には限りがあります。

 

ここがこのサービスの大きなデメリットの1つでしょう。

 

渋谷店、中目黒店、三軒茶屋店、吉祥寺店、上本町店などでレンタルできますが、TSUTAYA全店でサービスが利用できるわけではない様子。

 

TSUTAYAとしても力を入れてないサービスだからか、全店舗とくらべてもそんなに多くないのが現状です。今後は増えてくるかもしれませんね。

 

もっと私が深刻だと思うのは、どの店舗でレンタルができるのかTSUTAYAの公式サイトなどでカンタンに調べることができないことです。

 

大々的に使えることをPRしている店舗はほとんどなく、各店のブログ、SNSアカウントなどで宣伝しているところがほとんどです。

ネットで検索しても引っかかりにくいので調べるのはなかなか大変です。

もうちょっと使えることをアピールしてくれてもいいのに...

 

TSUTAYAの店舗検索でも、「WiFiレンタル」などで絞り込むことはできません。

 

1番確実なのは、自分の近くのTSUTAYAがWiFiレンタルをしているか行って確認するか、事前に連絡してみることですね。

 

キリン
1回確認しちゃえば楽だけど、ネット申し込みと違ってわざわざお店に行ったり連絡するってハードル高いよねー。

 

レンタル端末の在庫の数も少ない

 

もう1つの大きなデメリットは、それぞれのお店のレンタル端末の在庫が少ないこと。

 

たとえば私がよく借りに行っていた上本町店では、在庫数は最大で3個(3パッケージ)でした(もしかしたら今はもっと増えてるかもしれません)。

 

大型店であればもう少し数も多いのでしょうが、おそらく他の店舗でも似たような感じなのではないでしょうか。

 

これだけ少ないと自分が借りに行ったときには在庫切れになっていてもおかしくありません。

 

TSUTAYAが自宅から近くて1週間くらい借りたい人にはちょうどいいサービスなので「まだ残ってるだろう」と思って行っても全部借りられてたりします。

 

また、在庫の確認はショップで見てみるか店員さんに連絡してみないとわかりません。

 

ネットレンタルでは申込みのときに在庫切れになっているかはすぐに分かりますし、もし手続き中に在庫切れになってもワンランク上の端末を送ってくれることもあります。

ちょっと料金が高くても在庫切れを心配しなくてもいいというのは大きなメリットですね。

 

上でも書いたように事前の予約もできないので、私の場合は帰省の直前に「店舗で在庫がなかったらどうしよう」...と毎回不安になりながらレンタルしていました。

 

レンタルできるツタヤが近くにあって、一週間くらい借りる予定の人にはおすすめなサービスですが、それ以外の人は送料などがかかったとしてもネットのWiFiレンタルサービスを利用したほうが満足できると思います。

 

キリン
店舗によって在庫数は違うだろうけど、10台あれば多い方じゃないかな・・・

 

おすすめのWiFiレンタルサービスは『WiFiレンタルどっとこむ』

 

 

ではWiFiのレンタルサービスでどこが使いやすいかというと、特におすすめなのは『WiFiレンタルどっとこむ』です。

 

【公式サイト】WiFiレンタルどっとこむ

 

業界のなかでも大手なので名前を知っている人も多いかと思います。

 

ココがおすすめ

  • 国内用WiFiレンタルサービスでユーザー数が全国No1
  • ポケットWiFi、WiMAX含む約15種類の端末の中から好きなものが選べる
  • 平日15時までの申し込みで当日発送
  • 大手のレンタルサービスの中でもリーズナブルな料金
  • 次回以降つかえる33%オフのクーポン券がもらえる

 

WiFiレンタルどっとこむを運営する「株式会社ビジョン」は東証一部上場企業でサービスの信頼でも高く、国内のWiFiレンタルサービスのユーザー数では2018年、2019年、2020年に3年連続で全国No1を獲得しています(東京商工リサーチ調べ)。

 

上で書いたTSUTAYAほどではありませんが格安で色々なWiFi端末がレンタルできるので、「どこのサービスを使えばいいかわからない...」という人はとりあえずここを選んでおけば間違いないでしょう。

 

\TRY NOW!/

※WiFiレンタルどっとこむ公式サイトにリンク

 

WiFiレンタルどっとこむの主なサービス内容・料金:在庫もそこまで心配ない

レンタル料金 1泊2日:990円
7泊8日:3,960円
13泊14日:6,930円
14泊以上〜30泊31日まで:7,425円
30泊31日以降:1日ごとに239円
※ SoftBank E5383 無制限プランの場合
オプション 安心保証サービス、モバイルバッテリー
無線子機、カーチャージャーUSB
USBx4ポートACアダプター
※ すべて有償のサービス
配送料 1台:550円、2〜4台:1,100円
返却料 宅配返却:実費
空港返却1台:550円
空港返却2〜4台:1,100円
ポスト返却1台:517円
取り扱い端末 501HW / 601HW / E5383 / 801ZT
WN-CS300FR / GW01 / T6
W6 / WX06 / FS030W
GlocalMeなど
通信速度 150Mbps〜1.2Gbps(端末によって異なる)
発送 13時までの申し込みで原則即日発送
受け取り方法 宅配、コンビニ、空港カウンター、渋谷ちかみちなど
返却方法 宅配、ポスト
支払い方法 クレジットカード

 

上の書いているSoftBank E5383 無制限プランをレンタルした場合、1泊2日だと990円(1日495円)ですが、1ヶ月借りても7,425円(1日約239円)。

 

自宅にネット回線を引くよりもちょっと高い程度の値段で借りられます。

 

一方、TSUTAYAで同じく1ヶ月間借りようとすると7泊8日プラン2,640円+延長代12,650円(1日550円 ✕ 23泊分)で合計15,290円。

 

男性
全然値段違うね・・・
キリン
TSUTAYAの方は送料がかからないけど、それでもレンタルどっとこむの方がお得だね。

 

また利用したプラン内容によって次回以降使える33%OFFのクーポン券がもらえることがあるので、次に借りるときはさらに値段を下げることもできます。

 

これは他のレンタルサービスでも言えることですが、どの端末にすればいいか迷ったら以下のルーターから料金プランや好みでえらびましょう。

・SoftBank E5383

・SoftBank 501HW

・SoftBank 502HW

・SoftBank 601HW

私はどれもレンタルした経験がありますが、正直つながりやすさや速度はどれもそれほど変わりません。何度も言うようにSoftBankがカバーする電波の範囲は広くて、日本なら大抵の場所で使うことができます。

 

端末の受け取りは自宅の他、コンビニでも受け取ることができます。意外とコンビニで受け取りができるレンタルサービスは希少です。

 

 

TSUTAYAよりも在庫切れのリスクがかなり低いので安心

 

WiFiレンタルどっとこむはTSUTAYAと違ってよほどの繁忙期でなければ希望する端末の在庫があるのも強み。

 

私も2019年のGW(10連休でアクセスが集中する時期)にダメ元でここを利用しましたが、ちゃんと希望の端末をレンタルできました。

 

もし仮に申し込むときに急な在庫切れがあっても、端末によっては同等以上のものを宅配してくれます。

 

TSUTAYAのように「WiFiレンタルしようと思ってお店に行ったのに、在庫全部借りられてた・・・。明日から出かけるのにどうしよう」...なんてトラブルが起きることはまずないでしょう。

 

キリン
お盆や年末年始のシーズンに借りたこともあるけど、在庫がなかったことは今のところ無いかな

 

返却もポストに投函するだけでOK

 

 

WiFiレンタルどっとこむのサービス利用の手順は以下の通り。

 

  1. レンタル期間を決めて申し込む
  2. ルーターが宅配で届くので使う
  3. 期限になったら宅配またはポストに返却して完了

 

受け取りもそうですが、返却するときも付属の封筒にセット一式を入れてポストに投函するだけでかなり楽です。

 

宅配だとスタッフが自宅に来るのを待たなければいけませんが、ポストだと自分のタイミングで投函できます。

 

たいていの人はTSUTAYAよりもポストの方が自宅の近くにあるはずなので、出かける距離も短くなるのでいいですよね。

 

WiFi端末はここ数年で性能が一気に上がっているので「WiFiルーターってなんか繋がりにくいイメージなんだよなあ...」という人ほど、実際に使ってみたら驚くと思います。

 

\TRY NOW!/

※WiFiレンタルどっとこむ公式サイトにリンク

 

-WiFi

© 2021 はたらきWiFi Powered by AFFINGER5